スポンサーリンク

人力車を引くにもかなりのハードルを越えなくてはいけないらしい

京都の嵯峨野嵐山に行ってきました。
日本の有数の観光地ですが、京都は修学旅行の定番ですが高度成長期に生まれた私たちの時代は清水寺や金閣寺、銀閣寺などは行きましたが、後は奈良にも行ったので、残念ながら嵐山には行った事がなかったので、非常に楽しみにしていました。
3年程前に川が氾濫して渡月橋が崩れたと大きなニュースになりましたが、今ではそんな感じは微塵も感じさせず、周辺のお店から渡月橋は観光客で賑わっていました。

この旅行は個人的な旅行ではなくて、会社に5年以上勤務した人へと会社がご褒美にくれた旅行で、全部の観光代は会社持ちでした。
特に決められた観光ではなく、各自希望をひとつずつ言ってスケジュールをたてた旅行でしたので、前もって上司には「人力車に乗ってみませんか?」と誘いをかけたところ、上司も乗ってみたいとの答えでしたので、嵐山で竹林の小道を観光した後に会社の仲間5人で人力車をお願いしました。
ただ、5人は3台となりどうしても一人が1台となってしまうので、上司が一人で乗ることになり出発です。
時間的にも余裕がなかったので一区間コースをお願いしたのですが、料金は一人2,000円程で、決して高い乗り物とは思いませんでした。
筋肉隆々の若い男性が人力車を引き、大の大人2人を乗せて観光地を走りながら、観光案内もするのです。
「きつくないですか?」とつまらない質問をしてみると、笑顔で「最初はしゃべる事すらなかなか出来ませんでした」と答えが返ってきました。
この質問はその日は猛暑で炎天下の中での観光で、人力車の方も汗びっしょりだったからです。
それでも更に答えてくれて、「まだ日本人の方お二人は全然楽勝です。見た目だけでは判断出来ないのが外人のお客様で、いざ人力車を引こうとすると思ったより動かない事が多いです」と言っていました。

給料は完全歩合で、今はまだ暇な方で繁忙期になると嵐山に90台程の人力車が集まるそうで、それでも足りなくなるそうです。
人力車を引くにも試験がありそれに合格しないとずっと見習いを続けなくてはいけないそうで、生半可な気持ちでは出来ない観光業だなと思い、人力車を楽しんだのは勿論ですが、ひとつ勉強になったなと思う人力車体験でした。
416898s


最近の歯科治療は早い!痛くない!

虫歯で悩んでいる時、知人に「全然痛くない歯医者」を教えてもらいました。
その知人はとにかく痛みに弱く、その歯科を初めて訪れた時にも思わず「いくら時間とお金がかかってもいいから、絶対に痛くしないで下さい??」とお願いした程らしいです。(笑)

そんな知人からの紹介なのだから痛みに関しては心配いらないだろう、と早速紹介してもらった姫路市の歯医者に向かいました。
先生にその知人から紹介してもらった事を話すと、「あなたも痛くならないように治療に時間をかけましょうか?」と冗談を返されました。思わず笑う私です。
そんな和やかな問診から始まり、虫歯の様子を診てもらうと私が認識していた歯以外にも虫歯予備軍が2本も見つかり、計4本の治療を行う事になりました。

虫歯治療というと、歯を削る時のキュイーン!という音と痛い!というのが印象にあったので、その時も治療に対して少なからず身構えていたのを覚えています。
そんななか治療が始まりました。
今でも歯を削る時のキュイーンという音は健在でしたが、痛みはイメージ通りのものは全く来ず…むしろ普段の虫歯の方がよっぽど痛い、と感じる程でした。
事前に麻酔を打ったというのもあるのでしょうが、それにしたって痛くありません。
さすが知人のお墨付き??と感心していると、あっと言う間にその日の治療は終わってしまいました。なんと1時間もたっていません。
大人になってから歯医者に行く機会は少なくなりましたが、最近の歯科医療は発達しているんだなぁ…としみじみ思いました。


銭湯や温泉に行った思い出

私は小学生の頃に初めて銭湯に行きました。
それまでは銭湯というものに一度も行ったことがありませんでしたが、小学校の時に仲の良かった友人に誘われて3人で行きました。
銭湯に行ったのは初めてだったので多少緊張しましたが、大きな湯船があって広い浴室で友人たちと一緒にお風呂に入ったのは何となく新鮮で楽しかった記憶があります。
銭湯の中でおばさまたちが気さくに話しかけてくれたりしたのも楽しかったです。
銭湯はとても良いコミュニケーションの場なんだなとその時に実感しました。
銭湯にはその後も何度か行きましたが、中学生になってからはしばらく行かなくなりました。

その後、久々に銭湯に行ったのは社会人になってからです。
当時今の夫が東京に下宿していたので、よく2人で銭湯に行きました。銭湯に飽き足らず、お台場の大江戸温泉物語にも行ったりもしました。

夫が地元に戻ってしまってからは、夫の地元の銭湯によく連れて行ってもらいました。
銭湯というよりも夫の地元の福井県は温泉が出るので、スーパー銭湯のような温泉といったほうがふさわしいかもしれません。
よく行ったお風呂はとても広くて、色々な種類のお風呂やサウナや露天風呂があって充実していて良かったです。
さらにラウンジも広くて、漫画や本などもたくさんあるので、リラックスするには良い場所だなと思いました。

結婚してからは子供たちも一緒によくお風呂に行きます。
福井では銭湯の感覚で温泉が楽しめるのがとても良いです。
地方なのであまり便利ではありませんが、自然が豊かで温泉に気軽に行けるというのはとても素晴らしいことだと思います。
子供たちも小さい頃からお風呂が好きなので、温泉に行く時にも嫌がらずについてきてくれるのが嬉しいです。
夏は海の見える露天風呂、秋は紅葉を見た後のお風呂、冬場はスキー場近くの露天風呂といったように季節ごとにいろいろと楽しめるのがまた魅力です。
これからもお風呂を楽しもうと思います。
mark_onsen


福岡県の筑紫野温泉でリラックスタイム

九州には知名度の高い温泉郷が幾つもありますが、福岡県内にも数多くの温泉があります。
筑紫野温泉アマンディも、福岡県にある温泉の一つです。この温泉は筑紫平野の北端に位置する、筑紫野市原田に所在しています。

筑紫野温泉では、最も大きい風呂は和風の大浴場です。開放的な広々とした空間で、温泉にゆったり浸かれます。
バリ風露天風呂も用意されているので、日本風とはひと味もふた味も違ったお風呂を堪能できるでしょう。
岩盤浴は健康に良いとのことで日本中に広まっていますが、ここでも岩盤浴を楽しむことができます。
プライベートで貸切で利用できる風呂というのは、温泉によってもなかなか無いものですが、この温泉には貸し切り家族風呂があります。

12部屋用意されており、人の視線を気にせずに利用できるのが、なかなか良い所です。
エステコーナーも併設されていますので、女性は肌のお手入れも楽しめます。
温泉にゆっくりと浸かったあとは、美味しいお食事で体の中まで満足感で満たすのがよいでしょう。

この温泉は筑紫野市の住宅地の中にありますが、西側は脊振山地の山並みが近いこともあり、緑地に囲まれている土地柄です。ちょうど九州自動車道の、基山パーキングエリアのそばになります。
北側にはシュロアモール筑紫野というショッピングモールが隣接しているので、迷うことなくたどり着けます。

温泉というのは日本人に与えられたリラックス空間ですので、筑紫野温泉でストレスをさっぱり洗い流してみてはいかがでしょう。


夫婦円満と家族が仲良く出来るのが理想です

我が家の前の道路工事はやっと終わりました。道路の電柱をなくす為に地面を掘って地下にいろいろな配線を埋め込む工事をしていたんです。おまけに隣の一軒家は外壁工事をしていました。昼間は非常にうるさいのでげんなりしながら早く工事終わらないかなと思っていました。おまけに空気は黄砂、花粉、PM2,5などで窓を閉め切っていて洗濯モノを乾かすために除湿機をつけ、空気清浄機もずっとつけていました。とにかく空気は綺麗である事が大事だと思っています。

主人は仕事で外ですし子供達は学校、一息入れてゆっくりしようにもガガガガとやっているので気が落ち着きません。私もアルバイトの仕事がありその間は家を離れられるのでうるさい訳ではありません。それでも子供達3人と夫婦2人分の洗濯をしたりと主婦も忙しい。朝は起こしてもなかなか起きない。子育ても最終局面に突入となって大学生と高校生ですからもう少しの辛抱です。

長男はいずれ就職ですし長女は大学受験ですからね。でも就職するとそれはそれで心配です。これが主人のお兄さんの所の息子さんのようにワンルームマンションで仕送りしてもらって一人暮らしがちゃんと出来る人なら良いですが、ウチは地元の大学なのでいつも親がかりです。バイトも人並みにしてますが家にお金を入れることなど全くないですから。
自動車免許の次は私と主人の知らない間にバイクの免許を取りに行っていたみたいで、これは主人が危ないから辞めさせました。男の子はバイク好きですね。

何故なんだろうと思いつつ、こけると危ないし人様に当たってもそれは大変なので反対し、二輪の免許はとらない事になりました。
社会人になってから自分の甲斐性で免許を取ってもらいバイクを買うならどうぞ買って下さいと言うのが主人と私の考えです。
主人が言ってましたがバイクの新車はそこそこするからそんなことにお金を使うより修理の歴のないワンオーナーの中古の車の方がいいよと言っていました。

最初はやはり中古車になると思いますがそれでも車の方がバイクよりいいなと私も思います。そんな事よりも就職を決めてそこからです、主人は密かにお見合いでもいいから結婚させようと思っているんです。結婚まで色々な段階がありますが、親が出て行って相手を探すのはどうかとか、早くお見合いして婚約期間を設けて結婚させようと思っているようです。今は恋愛結婚の離婚率が高いのでお見合いは見直されてきているようです。

結婚してしばらくしてそれから子供を作る方が良いと主人は考えているようで、その場合は無農薬や有機の野菜を送って食べさせて健康な赤ちゃんをと思っている節があります。早く孫の顔が見たいとも言っているんです。親が全面的に支援するとなるとお金もいるし、例えばお見合いの場合の婚約指輪と結納金は誰がだすの?新居はなど解らないのに。
何とかなるだろとか何もできないじゃない。本人に任せて恋愛結婚が一番安上がりだと思うんだけど。

私達の場合は盛大な結婚式を挙げてそれで新婚旅行も主人が出して、私はお色直しのドレス代くらいを出しました。あのお金おいておけばよかったと思うんですが主人は違うんです。盛大にやったほうが別れないという考え方なんです。確かに当たっていると言えばそうですけれど。親戚や会社の人達、友人などに紹介して、きてもらったのに直ぐにけんか別れは出来ないなとも思います。新婚旅行に行って日本に到着して直ぐ離婚手続きなどは困りますよね。

やはり子供の事が大事です。娘は娘でチャラ男と一緒になるのは反対です。お互い好き同士と言ってもちゃんと仕事をしてくれる真面目な旦那さんが安心ですね。子供が落ち着くとこれは解りませんが主人の悪い所が見えてくるかもしれないんです。そんな時はどうしますか。言っても無理かな。だからといってあなたのこう言うところが嫌いなど実際言えるんでしょうか?毎日が平穏であればそれでよしですね。

これは別の家庭ですが一人っ子が就職したら、ご主人は離婚して他の女性と結婚したらしく、こればかりは解りませんよね。
fufu_young


ガラスコーティングって自分でもできるんですね

うちの従弟は小さいころから車が大好き。部屋にはびっちりそろったミニカー、古いものから新しいものまで、古今東西の車の雑誌。話の内容も車のことばかりという筋金入りです。

もちろん大人になってからなった職業は車の販売業。なるべくしてなったという感じですね。その突然彼が自宅にやってきたので、どうしたの?と聞くと、「おじさんに車のガラスコーティング頼まれたんだけど…違うの?」私たちは父に何も聞いておらず、慌てて仕事中の携帯に電話。
すると「そうそう、頼んでるんだよ、今日はすぐ帰るから待っててもらって」とのんきな返事が。

ごめんね、私たち何も聞いてなかったのよーと謝ると、いやいや大丈夫、俺も今日はのんびりしに来たからーと笑ってくれました。
うちの父方は本当にマイペースというか…でも怒らないでくれて助かりました。
ガラスコーティングは業者さんで行う高級なものだとばかり思っていたので、販売員の彼のツテでどこか紹介してもらったのかなと多いきや、彼が父と一緒に行うそうです。

昔はあまりコーティング剤が市販されていなかったらしいのですが、インターネットが普及してやり方やコーティング剤も比較的手に入れやすくなり、車好きの従弟は1年ほど前にすでに自分で施工したそう。
うちの父も彼ほどではないですが、自分の車をとても大切にしています。

最近は孫と出かけること増えたので、いつもピカピカにしようと洗車に夢中。
でもやっぱり歳で疲れることもあるのでしょう。手入れが楽で、いつでもピカピカに見えるガラスコーティングを施工後のメンテナンスの知識もある従弟に手伝ってもらおうと考えたようです。

のんびり話をしているうちに父が帰宅し、早速二人で相談を始めました。
私もちょっとPCでコーティング剤の値段など検索してお手伝いします。
なるほど、1本が5000円以下からあるんですね。

従弟の話では、業者さんに頼めば10万を超えることもあるそうです。
もちろん仕上がりはプロには負けるかもしれませんが、我が家の愛車は高級車というわけでもないので自分たちでやるというのもありですね。
コーティング剤と車の状態は今日確かめたので施工は次の土日が晴れたら、ということで従弟とはお別れ。ガラスっていうくらいだから新車みたいなツヤがでるんでしょうか?今から仕上がりが楽しみです!


実際につきあってみないとわからないものです

今の愛車とは10年くらいのつきあいです。1972年型のビートル。小学校の頃からの興味で、どうしても乗りたいと思い購入しました。
購入前から、いろんな人から色々な噂を聞いてました。
燃費が悪い、故障が多い、うるさいなど、あまりいい噂ではなかったですね。
購入に関しては後ろ向きの意見しか聞かなかったし、旧車に詳しい方も周りにいなかったでもどうしてもあの独特のエンジンの音、ドアのしまる音、見た目が好きで周りの意見を無視して購入しました。

買ってみてから今後の事は考えてその都度決めようと思いました。
あれから10年、色々な事があった。
確かに古いだけあって、ちょこちょこと故障はする。
普段聞いたことのないような珍事件も多い。
でも部品を替えればいい程度の故障ばかりです。

普通に最近の電気自動車などに乗っていては経験する事もないだろう事も色々あったけどそれはそれで、面白い体験ができていて、人より楽しい人生なだけだと思う。
車が止まってしまった時だって、たくさんの知らない人に助けてもらえました。

燃費だって、買う前に周りの人たちから聞いていた程悪い訳ではありませんでした。
リッター10キロは走ってくれていると思います。
ただ、ガソリンはハイオクを入れているので、確かに燃料代は少しかかります。
でもそんな、家計をとても圧迫する程ではありません。

結果、何の問題も無く車に対してたいした知識の無い私が乗って10年がたとうとしています。
そして、1度もこの車を買ったことを後悔していなません。
それどころか、つきあいが長くなるほどどんどん好きになっていっている気がします。
最近は熟年夫婦のような関係です。

この車とのドライブはいつだって格別です。
エンジンの音に古いラジオの音、三角窓からはいる心地よい風。
当たり前の贅沢な日々。
手放そうと思った事は一度もありません。

最近は錆が進んでしまい、錆との戦いをどう制するか、それが課題となってきました。
でもそういう事を考えることも楽しいんです。
こんなに一つの物を大事にしているのに、どんどん加税されていく。
嘘みたいに高い税金を支払わされ、悪いことをしているような扱いで肩身も狭い。
悔しいとは思うけど、それでもやはり手放そうとは思いません。
おばあちゃんになってもずっと乗り続けていきたい。
panku_car


悲惨な交通事故、悲しみのやり場は?

これは10年前に体験した交通死亡事故の話です。
当時、高校を卒業し短大に通っていた私。免許を取得し、片道2時間かけ、短大に通っていました。
短大で仲良くなった子が1人暮らしを始めたというので遊びに行きました。帰りが深夜になってしまったので、「泊まって行ったら?」と言われたのですが、翌日は土曜日、アルバイトが朝10時から入っていたので、帰宅する事にしました。
友人宅を出たのは深夜0時半過ぎ。さすがに道は空いてました。1時間くらい経ち、ようやく地元にさしかかる隣の市に入ると、パトカーや救急車、レッカー車が行き交う様に…。

そのまま車を走らせると、片側通行で、警察官の人が交通整理をしていました。ふとみると、トラックのフロントの下に黒い乗用車が潜り込んでいる様子が目に入りました。事故か…、と思い、そのまま帰宅。
翌日、高校時代の親友から何度も着信があり、バイト後かけると、昨夜見た事故車の件は私が大好きだった男の先輩の事故だったとのこと…。詳細は分からないというので、私の担任だった先生に電話をして、話を聞くと、事故は間違いない、そして、怪我などではなく、即死だったとのことでした。保冷車との正面衝突。あの時、私が見た車が、まさに先輩の車だったのです。
パッと見でしたが、乗用車のフロント部分は完全に保冷車の下。屋根ははぎ取られたような感じでした。
後々聞いた話によると、ブレーキ痕がなかったようなので、居眠りによる事故ではないかと…。
先輩は卒業前に、私に「親にも沢山迷惑かけたから、卒業したら、板前になって安心させたいんだ。」と言っていました。そう、先輩は相当なやんちゃ、元ヤンだったそうです。でも、気持ちを入れ替えて、親に恩返しをしたいと、動き出した矢先…。どうして。

多分、本人も自分が亡くなった事を理解していないのではないでしょうか。ましてや、親御さんにとったら、なんで?なんで?の言葉しかないと思います。友人達もそうでしょう。自動車事故は、本人は勿論、周りの人達をも不幸のドン底に落とすのです。


腹筋はじめました

お腹周りのお肉が気になって、急に思いつきで腹筋をしてみました。
最近食べ過ぎの生活が続いていたせいか、お腹周りのお肉が目立ってきたので「腹筋でもやってみるか」という気になったのです。
やったらちょっとはマシになるんじゃないかという甘い考えです…。
それにしても、かなり久々の腹筋でした。
思えばこんなにガッツリ腹筋をまじめにやったのは学生の時以来だったのではないかと思います。
大人になって腹筋する機会はありませんでした。
意気込んでやりだした時まではよかったのです。
何回かやってしばらくしたら、すぐに息が切れはじめてハァハァ言ってしまいました。
自分の事なのに、そのことを受け入れるのに時間がかかりました。
「えー、嘘でしょ!もうしんどいぞ」と思いながらも、とりあえず頑張って腹筋を続けました。
気持ちは若いときと変わらないのに、体力というものは確実に落ちていることを実感しました。
昔はちょっとやそっと腹筋したくらいではなんともなかったのに…今はこのざまです。
やりながら、だんだんお腹に力が入らなくなってきて、ぷるぷる震え始め、自分の体力はこんなもんかと切なくなってきました。
ただでさえお腹周りに肉がつきやすくなり始めているというのに、体力まで落ちてるだなんてショック極まりないです。
このまま私はデブまっしぐらなのかと思うと、青ざめてしまいます。
まだまだオシャレも楽しみたい、今ある洋服が着られなくなっては困る、デブにはなりたくない!という一心で腹筋を続けました。
それにしても、当たり前の話ではありますが筋肉って使わないとどんどん衰えていくんだなぁと思いました。
私はこのままではいけないと思うと同時に、やる気が徐々に上がってきました。
ここで自分に負けてはいけないのです。
どこまで続くか分かりませんが、ちょっと継続して腹筋を頑張ってみたいと思います。
腹筋だけでは自信がないので、出来る範囲で食事制限も出来たらいいなと思います。
fukkin_woman

納豆キムチのパワー毎日できるサラサラ習慣【納豆キムチ】

 


SNSよりブログ派の私

最近は、SNSを利用している人が増えてきたせいか、以前よりもブログを書く人が減ってきたような気がします。
おそらくSNSの方がリアルタイムに情報が得られ、しかも人とのつがなりも比較的簡単に行うことができるからだと思います。
私の場合、世の中とは逆行していて、SNSにはやや疲れ気味な状態です。
すぐに返事をしなくてはならないという焦りや、あまりやり取りしたくない人からのアプローチなど、意外と問題も多いような気がしています。
その点、ブログは基本的に自分が書きたい時だけ更新すれば良いので、自分のペースを保つことができます。
今のところ、SNSを使って友達を増やしたり、知らない誰かとたくさんつながりたいとは思っていないので、日々の日記を書く感じで気軽にやっています。
それでもやはり、誰かに自分のことを知ってもらいたいとか、自分の話を聞いてほしいという欲求はあると思っています。
だからこそ、ブログをやっているのだと思います。
以前はコメント欄を設けて、知らない人とやり取りをしていたこともあったのですが、今は完全に記事を書くことだけしかしていません。
コメント欄はなくすこともできるので、現在は表示できないように設定しています。
もちろんコメント欄はあってもいいのですが、時々悪戯と思われるコメントもあるので、いちいち不快な思いをしたくないということもあります。
ただ良く考えてみると、自分のことは知ってほしいけど相手からのコメントは不要というのは、自分でも何だか勝手な気がします。
でも今の私には、このやり方がちょうど良い感じなのです。
それでも、どれだけ自分のサイトが読まれているのかは気になるもので、時々アクセス解析をチェックしたりはしています。
どの記事が多く読まれているのかを知ることは、結構興味深いものです。
きっと同じような考えや悩みを持っている人が読んでくれているんだろうなと思うのですが、そう感じるだけでも自分は一人じゃないと思うことができます。
やる、やらないは人それぞれですが、私は書き始めてまもなく1年が経ちます。
書くことは気持ちの整理にもつながっているので、もうしばらくは続けたいと考えています。私の友人もブログに娘さんの病気のことを書いてます。
高度異形成や子宮頚がんの診断を受けたそうです。
いろいろと大変ですが、ブログを書くことで少しでも気が楽になったらいいと思います。