スポンサーリンク

初めて知った「地道な努力」はいつかきっと実を結ぶはず

幼い頃から動物が好きで「自分は将来動物関係の仕事に就くんだ」と信じて疑わず、何の努力もしないで口先だけで言っていました。親にも言っていたので高校卒業後は専門学校に行かせてもらえると思い込んでしまい、いざそのときになって専門学校はおろか大学にも短大にも行かせてもらえず「兄弟たちは行かせたのに何故自分だけ行かせてくれないんだ」と怒りがこみ上げました。あとで聞いた話が「兄弟3人には同じようにお金を使ってきた」と言われ、他の2人は公立高校に短大や専門学校、私だけが私立高校で確かにお金の掛け方で言えば同等だと言えます。けれど今思えば、ろくに勉強もせず成績も1番下かそれより少し上くらいで努力もしないしバイトもしないし悪さばかりしていた私に掛けるお金が無いのは当たり前のことなのです。しっかりした兄弟たちと違って出来損ないの私に掛けたお金は無駄になってしまいます。そのことに気付いたのは社会人になってからでした。三十路手前になった今も結婚もせず実家暮らしな私に両親が何かを期待することはないのです。

家と会社の往復で毎日が過ぎていき熱中するようなこともないので、なんとなく日々が過ぎていくような生活を送っています。貯金することに目覚めたのもつい最近なので貯金額も少なければお給料も少ないです。そんな私が運命を変えるものと出会いました。

1年くらい前にクラウドソーシングを知り興味本位で始めました。最初の頃は気が向いたときにやっていたのですが、今は毎日やっています。学校の成績は悪かったけれど唯一成績がよかったのは国語で、学生時代は詩を書くなど文章を書くのが好きでした。口下手なので文章の中でだけなら自分が生き生きすることができたのです。今は本職で工事で働いているのでクラウドソーシングにかけれる時間はたかがしれていますが、その限られた時間でやるのが楽しいです。1日2時間?3時間くらいしかできませんが、それだけで満足していました。最近は仕事中にもクラウドソーシングのネタを探すようになってネタが見つかって書きたいと思っても仕事中では書くことができないのでもどかしい気持ちになることが増えてきました。イラストの学校を出た後輩が少し前に同じことを言っていて彼女は本格的にイラストの道へ進むため会社を辞める決断をしました。その話を思い出して自分自身に当て嵌めてみると、今の私は文章を書くことが楽しくて仕方ないです。始めたきっかけが興味本位だったとしても、今はそれが楽しくてストレス発散にもなっていてちゃんとしたスキルを身に付けたいとも思うようになりました。確かに小さいころは動物関係の仕事に就きたいと思っていたし今もどこか諦められない部分はあるのですが、「小さいころに抱いた夢を叶えたい」という気持ちだけで本当の夢ではないことに気付いたのです。夢を変えることはものすごく勇気がいるけど新たなことにチャレンジするのはいいことだと思って、今はプロライターとして食べていけるように頑張ろうと思っています。

プロライターと一口に言ってもその幅は広く、本当に自分が書きたいものが何なのか今の時点ではわかっていないのでクラウドソーシングでは「できそう」と思ったものに手当り次第手を付けています。その結果見えてきたのが、美容関係には弱いということです。元々が美容には全く興味がなく「美容ってなんのことを言うの?」というレベルです。自分が最低限行っているスキンケアの話しならできるけれど、興味のないものを勉強するのも苦痛なので私に美容関係は無理だとわかりました。地道ではあるけれど、できるできないを明確にすることで自分が何系のライターに向いてるのかが見えてくるので、まずはそこからやってみることにします。


風邪の症状によっては耳鼻咽喉科が得意分野です

耳鼻咽喉科というと、中耳炎や蓄膿症といった耳や鼻の病気の時にお世話になる診療科だというイメージがありますが、実際には内科や小児科で診察を受ける風邪も症状によっては耳鼻咽喉科の方が有効な事があります。お子さんの場合には症状によっては小児科の方が良いと思われるケースもありますし、医師との相性のようなものがありますので、一概には言えませんが、耳鼻咽喉科の医師は、喉の疾患のスペシャリストでもあります。
喉の状態が悪い場合はもちろんですが、扁桃腺が腫れている時なども内科では目視で確認ができる範囲の診察になりますが、耳鼻咽喉科の場合には咽頭をカメラで確認できる咽頭ファイバーなどの器具を用いる事で内科では確認できない個所まで診察をする事ができます。
扁桃腺の炎症の場合には、悪化をする膿などが周囲にたまる事もありますので、このような時には外科的な処置が必要になりますが、耳鼻咽喉科が専門分野になっています。

鼻の症状の時にも内科よりも耳鼻咽喉科が優れているケースがあります。日頃からアレルギーや風邪になると鼻の症状がひどい場合には、副鼻腔炎や悪化をする事で蓄膿症になる事も考えられます。副鼻腔炎の場合には風邪などの時には更に症状が悪くなる事もありますが、内科で処方される薬を飲むよりも、耳鼻咽喉科での処置を受けてから処方された薬を飲む事で早く症状が緩和される傾向が期待できます。
特に副鼻腔炎の場合には、悪化をして蓄膿症になった場合には、必要に応じて手術をしなくてはならない事もありますし、副鼻腔炎の原因によっては慢性化をしている状態になっていますので、風邪の時にも鼻への症状が強くでる傾向があります。副鼻腔炎の原因がアレルギーなどのであれば、風邪だと思っていたものが、実際にはアレルギーによる鼻水や鼻づまりをはじめとして、症状の悪化でおこる頭痛などの対処に関しても耳鼻咽喉科の方が得意な範囲になります。
風邪と感じた時には、全て耳鼻咽喉科に診察を受けに行けば良いのかと言えば、それはまた違う答えになります。咳がひどい時でも喉よりも肺や気管支に痛みがあるような場合には、内科や呼吸器を専門とする医師に診察を受けるのが良いと思いますし、心臓に疾患があるような方であれば、循環器内科や心臓外科といった専門医が良くなります。また、嘔吐や下痢の症状が激しい時などには、お子さんであれば小児科ですし、成人であれば消化器内科などの医師に診察を受けるのが最も適した診療科目の選択方法になりますので、鼻やのどの症状がひどい場合や、アレルギーなどので鼻の状態が日頃からあまり良くない方の場合には最初の選択肢として耳鼻咽喉科を受診する事が良い選択になります。


ゴールボールというスポーツを体験してきました。

ゴールボールというスポーツをご存知でしょうか。普段スポーツをされる方や詳しい方でも知っている人は少ないかもしれません。なぜならこのゴールボールはパラリンピックの正式種目でもあり、普段の生活のなかであまりめにすることがないスポーツだからかもしれません。まず最初にこのスポーツの簡単な説明からしますと、ゴールボールとは、目隠しをしながら、鈴の入ったボールを相手のゴールに向かって、転がしゴールに入れることができれば得点となるスポーツです。協議をするためのコートはフットサルのような感じをイメージしてもらえればいいかもしれません。選手たちは自陣のゴールの前に立ち、攻めのチームは相手のゴールに向かって、ボールを転がし、守りのチームは転がってくるボールからゴールを守ります。

もともとこのスポーツは視覚障碍者向けのスポーツとして開発されたもので、ルーツとしては第二次世界大戦後の傷痍軍人のリハビリテーションとして考案されたものだと言われています。ヨーロッパでは盛んにおこなわれているのですが、日本ではまだまだマイナーなスポーツであるため知名度は低いのですが、今回のリオパラリンピックでの日本代表の活躍で一気に知名度が高まったようです。私もニュースを見て、少しやってみたくなり、近くの市民体育館でイベントが行われていたので、それに参加してみました。
まず、実際にこのスポーツをやってみた感想なのですが、目隠しをした状態でどこにボールがあるのかを音だけで見分けるのはとても難しいです。
それでなくても何も見えない状態で、動くこと自体にも若干の恐怖がありますし、うまくスムーズに動くことすら私はできませんでした。そう考えると視覚障碍者はこのような恐怖と日夜戦いながら生活をしているのだと改めて思わされましたし、このような状態で高度なプレーを連発しているプロの方々に対してとても尊敬をしてしまいました。普段であれば絶対に出会うことのないスポーツをやることができて本当にいい経験になりました。


やってよかったワキの脱毛

奈良のエステサロンで脱毛を行いました
方法はニードル脱毛です。
ニードル脱毛を今でも行っているサロンは少なくなったようですが、それでも永久脱毛になるということもあって、受ける人はまだいるようです。
キレイな仕上がりとその場ですぐにムダ毛をなくすことが出来るというメリットがあると思います。

今、主流になってきているフラッシュ脱毛の場合には、施術を行ってから自然にムダ毛が抜けるのを待たなければいけません。
いつになったら全て抜けるのか分からないような状況で待たなければいけません。
すぐに効果が出るわけではない、というデメリットがあると思います。

ニードル脱毛であれば、施術前のシェービングを行う必要もありません。
シェービングを行ってくれる脱毛サロンもあれば、自分で事前に行わなければいけないというところもありまう。
剃り残しがあれば、追加料金でサロンでのシェービング処理を行ってもらうことになります。そうすると、コストも結構かかってしまうということがあるでしょう。
トータル的に思った以上のコストがかかってしまった、ということが考えられます。

ニードル脱毛にはそのようなことはありません。
しかし1本1本脱毛をしていくので時間がかかりますし、最初は施術の際に痛みも伴います。出来るだけ痛みを感じないように冷却を行ってくれるなどの対処はしてくれますが、それでも最初は痛いと感じるでしょう。
段々慣れてくるので、痛みも平気になってくるという人は多いです。

コスト面ではニードル脱毛が最も高いとされているようです。
サロンによっても違ってくると思いますが、1本当たりの単価で施術を受けることになるので、ムダ毛が多い人はどうしても高額になってしまいます。
昔はフラッシュ脱毛がなく、ニードル脱毛だけだったのでかなりコストもかかり、ローンを組んで対応をするという人も多かったです。

お金も時間もかかりましたが、ワキ脱毛をニードル脱毛で行って良かったと思います。
ワキのお肌のデコボコも解消させることができましたし、黒ずみも気にならなくなりました。自己処理を繰り返しているとどうしても黒ずみは出来てしまうのだそうです。
その黒ずみも脱毛をすることによって解消させることができました。

施術後かなりの年月が経過をしていますが、今ではお手入れなしでもキレイな状態を維持できているので、エステサロンで脱毛を行って本当に良かったと思っていますし、自慢できるワキになって嬉しいです。
fashion_model


何故ハッピーハロウィンって言うのか調べてみました

ハロウィンって日本でいうお盆のようなものという認識を持っていました。
近年、すっかり日本にも浸透してお祭り騒ぎのハロウィン、「ハッピーハロウィン!」なんて陽気に言っている若者を見かけますよね。
お盆にハッピーっておかしいんじゃない?って思うんですが、実際間違いではないのでしょうか?

そもそもハロウィンとは、毎年10月31日に行われる、秋の収穫を祝うお祭りで、古代ケルト人が起源と考えられています。
悪霊などを追い出す宗教的な意味合いが強かったそうですが、近年、特にアメリカでは民間行事となり、祝祭本来の宗教的な意味合いはほとんどなくなっています。
カボチャの中身をくりぬいて「ジャック・オー・ランタン」を作って飾ったりしてますよね。

子どもたちが魔女やお化けに仮装して近くの家々を訪れてお菓子をもらったりする風習もあるそうです。
「ハッピーハロウィン」というのは「ハッピーバースデー」と同じ意味合いで「「良いハロウィンをお過ごしください」ということらしいです。
つまり、ハロウィンは日本のお盆のように先祖の霊祀る行事ではなく、秋のお祭りなんですね。
ただ、本場のアメリカでも、日本のように大人が仮装して大騒ぎするなんてことはないようです。
クリスマスなどもそうですが、海外のお祭りを日本独自のものに変えてしまうのが得意です。
わざわざアメリカから日本でハロウィンを楽しむために来日する人もいるようです。
確かに、仮装するって現実逃避できますし、ストレス解消になるのかもしれません。

仮装も、アメリカのように魔女やお化けだけでなくアニメのキャラクターなどに仮装する人が多いようです。
それをうまく利用して商業化されてしまうのが日本のすごいところでもありますよね。
ハロウィングッズやかぼちゃのスイーツなども街で見かけるようになります。

仮装してハロウィンを楽しもうという気はないですが、秋の収穫祭としてかぼちゃのお菓子などを作って食べようかなという気持ちにはなりますね。
halloween_trickortreat


ディスポ鍼は治療における感染症のリスクを格段に下げます。

ディスポ鍼とは、主に鍼灸院で鍼灸師が使用する鍼のことです。従来鍼灸師が治療に使用する鍼は使い捨てでないタイプのもので、使用後は専用の機械などを使用して滅菌してからまた再利用するというものでした。しかしながらその場合は消毒が不十分であれば、鍼灸師や患者が鍼を通して風邪などの感染症にかかってしまったり、血液を通して感染するような肝炎やエイズのウイルスなどにかかって、将来命を脅かすような病気になってしまう危険性が高かったです。また患者もかつて肝炎のウイルスの感染経路が、注射針の使いまわしなどによるものという知識を身につけていて、鍼を使用する鍼灸院での治療について不安を感じている人も多いです。

しかしながらディスポ鍼は使い捨てなのでもともと滅菌されていて、感染症の心配もなく安心して使用することが可能になります。最近ではインターネットやパンフレットなどにおける鍼灸院の紹介の際に、ディスポ鍼を使用していることをアピールして安全性が高いことを売りにしているところも多いです。
ディスポ鍼は業者に直接注文して手に入れることもできますし、インターネットを通じて購入することも可能です。ただ使い捨てということからコストは上がってしまい、治療費が高くなってしまうことも多いです。

ディスポ鍼の使用に関しては、もちろん医師もしくは鍼灸師などの専門の資格を所有した人にしかできないものですが、治療を受けるのは患者なので使用する鍼の安全性は気になるところだと思います。なので患者として鍼灸院を利用する場合は、使用している鍼についてディスポ鍼かどうかを確認して利用することで感染症への対策が万全だということがわかり、安心が得られると思います。


運動のあとの筋を伸ばすストレッチは重要

仕事が在宅ワークなのもあり、あまり外に出ることはありません。
それにこの夏に熱中症にかかったこともあり、病気がちだったのも加えて外に出る機会がますます減ってしまっています。
それをなんとかしょうとは思っていませんが、今まで、外にでなかったときを思い出してみると鬱になっていることが多かったです。

友人や知人がいない私が外に出る理由を作るのは結構、難しいです。
買い物なんかも今ではネット注文で済んでしまいます。
わざわざ、外に出る理由がないんです。

ですがこの度、引っ越しすることになったのです。
心機一転、違う場所で生活してみょうということになり、荷物を減らすことになったのですが、なかなか片付けが終わらないです。

まぁ、元々物は少ないほうなので部屋は片付いて見えると思いますが本などのかさ張ると重いものが部屋のあちこちにあります。
あなたも経験あると思いますが、図書館で本を五冊抱えると結構、腕の力を必要としたり実際に重みが腕に加わって痺れてしまいますよね?
漫画本や実用書含めて、本の山が2つぐらいあるのですよ、私の部屋には。ほとんど、学生時代に集めたものが床を埋め尽くす勢いで、雪崩を起こしてしまう姿を見るのは壮観です。
なぜ、そこで崩れたのかわからないほど、揺れに繊細なのは困ったものです。

引っ越し先までレンタカーで向かうことが荷物を減らすことになった最大級の理由です。
あまり、物が置けないですもの。
そんなわけで本を売りにリサイクルショップに向かうことにしたのです。

家の周りに、リサイクルショップは点在していますが、一番近いところで徒歩30分になります。
とっても遠いですよね。
車でいけばいいと思いますが、残念ながら持っていないのです。
ここで登場するとしたら、リサイクルショップがやっている自宅まで受けとりサービスですよね。
物がたくさんあった場合、自宅まで来てもらってその場で見積もりしてもらったほうが早いし、こちらも楽になります。

でも、でもですよ?

運動不足で悩んでる人が、サービスを利用したらますます生活習慣病末期患者になってしまいます。
糖尿病予備軍だろうなと私自身がはっきりとわかっているのに、ここで運動しないとますます病気になってしまします。

なので歩きました。

ほしいものがあったので、徒歩30分から徒歩1時間30分のリサイクルショップにきりかえて、です。
真夏日というわけではありませんが、気温30度超えの夏日に往復3時間の道のりを歩ききりました。

疲れたというよりも筋肉痛のしびれと荷物が重すぎて腕の感覚がなくなっていることのほうがつらかったです。
指先や爪先に力が入った感覚がなく、脚を組んだとき、脚がぴったりと張り付いた感覚があり接着剤でくっつけられた様に動かないです。

こんな状態で寝てしますと、翌日筋肉痛で動けないもしくは、一日ベット友達になってしまいます。
なので寝る前に、入念にストレッチしておくことが重要になってきます。
関節や筋肉をしっかりと伸ばしておいたほうが翌日、楽チンになってぐっすり起きれますし、質のいい睡眠をとれるような気がします。

これで、一歩ぐらいは運動不足解消になったのかな?と勝手に思っているこのごろです。
043900s


ただの送風機?冷えなくなったエアコンの原因とは?

1人で自宅にいる時は、なるべくエアコンを使わないようにしていました。
理由は1つ……「光熱費がもったいないから」ですが、家族のためとなると話は別です。
連日テレビでは「熱中症に気を付けて」と呼びかけられていました。
寝苦しい夜が続くのは子供達がかわいそうということで、冬に使用して以来久々に寝室のエアコンのスイッチを入れました。

涼しい風が送風口からそよいできます。
が、いつまでたっても部屋が冷えません。
冷房ではなく、ただの送風です。これでは扇風機と変わりません。
購入したのは3年前です。まだまだ現役で頑張ってもらわないと困ります。

このエアコンは、家の新築時に購入設置したもので、全て工務店さんが取り仕切ってくれていましたので、修理の依頼はメーカーのサービスセンターにお願いしました。

センターに繋がり、やり取りの際にまず聞かれたのが、「室外機は動いていますか?」でした。
こちらは動いていたのを確認済みでしたので、その旨を報告し、後日現物を見にきて頂くことになりました。

メーカーより派遣されたサービスマンの方がやってきました。
室内機と室外機、両方を調べた結果、異常が見られたのは室内機の方だと判明。
どうも「ガス漏れ」を起こしているらしいとのこと。

「ガス漏れ?」

エアコンの知識などまるでなかった私にとっては何のことやらさっぱりでした。
室外機と室内機の間を冷媒と呼ばれるガスが循環し、気体や液体に姿を変えることで、熱を奪ったり放出したりするのだそうです。使われているガスはフロンであり、同じ原理の家電には冷蔵庫があります。(最近はノンフロンのものが主流になっているみたいですが)エアコンのガス漏れを起こす原因にもいくつかあり、

  1. 取り付け工事のミスによるもの
  2. 室外機を無理に動かしたためにガスの配管に隙間が出来た
  3. 室外機のガスのバルブのパッキンが劣化した
  4. 室内機の熱交換器等、内部配管の異常

などが確認されているようなのですが、我が家の場合は熱交換器に異常が見られたみたいで、新しいものと交換することになりました。
熱交換器とは、本体のフタを開けてフィルターを外したらむき出しになる、銀色のギザギザと切り込みがついた部分です。

結局の所、我が家の場合は使用年数が浅いため劣化ということもなく、どうもメーカーの製造過程での組み立てが甘かったのではないか、とのことでした。

家電でよく言われる当たり外れの「ハズレ」を引いてしまったようでした。
当然、保証書に記載されている「冷媒回路5年保証」に当たるので、出張・調査・修理費ともに無償で直して頂くことができました。

ちなみにあの銀色の熱交換器、指で力を入れて押すとへこんでしまいます。そのことが冷えない要因になってしまうこともあるので、フィルター交換の際には気を付けて下さいと言われました。
分解されたエアコンはまさに精密機械でした。大事に使っていきたいと思います。


私にとっての兄と兄にとっての私

私には10歳年上の兄がいます。
兄は18歳ごろから一人暮らしをしているので一緒に生活をしていたのは8歳までです。
しかしそれまでの記憶もあまりなく、正直兄が家にいた記憶などほとんどありません。
なので兄が私の兄だと感じることもあまりありません。
兄が家に帰ってきても感覚的には「親戚のおにいさんが遊びに来た」くらいの感覚です。
しかしそこにワクワクやどきどきはないので、その辺の感覚は兄への感情なのかな?と思います。

兄は去年の秋に結婚しました。
お嫁さんを連れて実家に帰ってくるのも頻繁になりました。
家が近いので少なくとも月1回は帰ってきている気がします。
兄のお嫁さんは本当に素敵な人で、素敵な姉ができて本当にうれしいです。
彼女も3姉妹の末っ子なのでずっと欲しかった妹ができてうれしいと、私にすごくよくしてくれます。
なので兄の家に遊びに行くことや、兄夫婦の旅行のお土産など、二人に関することはすべて「お嫁ちゃん(仮名)の家」とか「お嫁ちゃんのお土産」と言ってしまいます。
すっかり兄の存在を飛び越えて兄のお嫁さんに懐いてしまいました。

昨日兄が一人だけ実家に帰ってきたとき「なんだお嫁ちゃんいないのか」と言い私は部屋に行ってしまいました。
兄はそれがショックだったようで、兄の帰宅後母が私にそれを伝えてきました。
なので私は母に「正直兄を兄と思えない」と打ち明けました。
すると母が昔の話をしてくれました。

私が保育園に行っていた時です。
私の両親は共働きで、特に母の帰りが少し遅いのでいつも保育園の閉園ぎりぎりまでお迎えを待っていました。
ある時閉園しても母は私を迎えに行けず、保育園に電話して近所のスーパーにあるベンチで待たせるよう頼んだそうです。
言われた通り私は夜のスーパーの前のベンチに一人座って待っていました。
すると偶然そこに車に乗った兄が通りかかりました。
アルバイト先の先輩にボウリングに誘われて先輩の車に乗せてもらっていたそうです。
一人で待つ私を見かけた兄は、母に電話をしてそれが私であることを確認。
そして先輩の誘いを断り車から降りて私を迎えに来てくれました。
そして私を連れて歩いて家まで帰ってくれたそうです。

私はその話を初めて聞いて驚きました。
お兄ちゃんらしい姿を見たことがなかったので最初は信じがたかったのですが、だんだん申し訳ない気持ちになってきました。
次に会ったらなんとなく会話してみようかと思います。


人力車を引くにもかなりのハードルを越えなくてはいけないらしい

京都の嵯峨野嵐山に行ってきました。
日本の有数の観光地ですが、京都は修学旅行の定番ですが高度成長期に生まれた私たちの時代は清水寺や金閣寺、銀閣寺などは行きましたが、後は奈良にも行ったので、残念ながら嵐山には行った事がなかったので、非常に楽しみにしていました。
3年程前に川が氾濫して渡月橋が崩れたと大きなニュースになりましたが、今ではそんな感じは微塵も感じさせず、周辺のお店から渡月橋は観光客で賑わっていました。

この旅行は個人的な旅行ではなくて、会社に5年以上勤務した人へと会社がご褒美にくれた旅行で、全部の観光代は会社持ちでした。
特に決められた観光ではなく、各自希望をひとつずつ言ってスケジュールをたてた旅行でしたので、前もって上司には「人力車に乗ってみませんか?」と誘いをかけたところ、上司も乗ってみたいとの答えでしたので、嵐山で竹林の小道を観光した後に会社の仲間5人で人力車をお願いしました。
ただ、5人は3台となりどうしても一人が1台となってしまうので、上司が一人で乗ることになり出発です。
時間的にも余裕がなかったので一区間コースをお願いしたのですが、料金は一人2,000円程で、決して高い乗り物とは思いませんでした。
筋肉隆々の若い男性が人力車を引き、大の大人2人を乗せて観光地を走りながら、観光案内もするのです。
「きつくないですか?」とつまらない質問をしてみると、笑顔で「最初はしゃべる事すらなかなか出来ませんでした」と答えが返ってきました。
この質問はその日は猛暑で炎天下の中での観光で、人力車の方も汗びっしょりだったからです。
それでも更に答えてくれて、「まだ日本人の方お二人は全然楽勝です。見た目だけでは判断出来ないのが外人のお客様で、いざ人力車を引こうとすると思ったより動かない事が多いです」と言っていました。

給料は完全歩合で、今はまだ暇な方で繁忙期になると嵐山に90台程の人力車が集まるそうで、それでも足りなくなるそうです。
人力車を引くにも試験がありそれに合格しないとずっと見習いを続けなくてはいけないそうで、生半可な気持ちでは出来ない観光業だなと思い、人力車を楽しんだのは勿論ですが、ひとつ勉強になったなと思う人力車体験でした。
416898s